主に3つの治療法があります。

歯周病や事故などで歯を失ってしまった時の主な治療法として「入れ歯(義歯)」「ブリッジ」「インプラント」の3つの選択肢があります。

患者様の口腔内環境および「できる限り短期間で治療したい」「費用を少しでも抑えたい」といったご希望やご予算に合った治療法をインプラント以外の方法も含めて検討し、最善の治療法を提示します。

入れ歯(義歯)周囲の歯に金属のバネをかけて、取り外し式の人工歯を装着する方法です。

入れ歯(義歯)

メリット

  • 治療期間が比較的短い

デメリット

  • バネをかける歯に負担がかかる
  • 見た目がよくない場合がある
  • かたいものを噛みづらい場合がある
  • 口の中に違和感がある
  • 歯を失った部分の骨がやせていく(入れ歯が合わなくなることがある)
  • 取り外して清掃などお手入れが面倒

費用

保険診療が適用されるものもある(見た目や使い心地の良いものは自費診療)

ブリッジ両側の健康な歯を削り、それらを土台にして人工歯を被せる方法です。

ブリッジ

メリット

  • 治療期間が比較的短い
  • 入れ歯と比較してよくかめる
  • 入れ歯と比較して口の中の違和感は少ない

デメリット

  • 両側の健康な歯を削る必要がある
  • 両側の削った歯が虫歯になるリスクが高まる
  • 両側の歯に負担がかかる
  • 歯を失った部分の骨がやせていく

費用

保険診療が適用されるものもある(見た目や使い心地の良いものは自費診療)

インプラントあごの骨にインプラント体を埋め入れ、それを土台にして人工歯を入れる方法です。

インプラント

メリット

  • 他の歯に負担をかけない
  • 審美性に優れている
  • しっかりとかめる
  • 口の中に違和感を感じない

デメリット

  • 治療期間が長い
  • 外科的な手術が必要となる

費用

全て自費診療

1本だけ歯が抜けた場合、インプラントを利用できますか?

もちろんインプラントで治療できます。

1本だけ歯を失ってしまった場合の治療法として、インプラントのほか、入れ歯、ブリッジがあります。ただし、入れ歯やブリッジは抜けた歯以外の残った歯に負担がかかるというデメリットや、歯が抜けた部分の骨が痩せていくという影響があります。

現在は残った歯や歯肉、骨に負担や悪影響を与えないという観点から、「インプラント適応症例の場合は、インプラント治療が第一の選択肢である」というコンセンサスが得られています。

歯が抜けたところに自分の親知らずを使えると聞いたのですが?

無くなった歯の部分に親知らずなどの使われていない自分の歯を移植する治療法を「自家歯牙移植」と言いますが、当院では自家歯牙移植による治療は行っておりません。理由としてはインプラントのほうが骨を削るなどの外科的侵襲が少なく、どの患者様にも一定の予後が出ると考えているからです。

他の歯科医院では、自家歯牙移植を積極的に行っているところもあります。