総入れ歯でお困りの方へ。

全く歯がない場合のインプラント治療法として、オーバーデンチャーやボーンアンカードブリッジという方法があります。

ご使用中の総入れ歯が合わなくなった、違和感がある、安定性が悪いなどでお困りの方に、それに代わる選択肢として選ばれています。

オーバーデンチャー

片顎に2~4本のインプラント体を埋入して取り外し式の入れ歯の支えにする方法です。

オーバーデンチャー
▲バータイプ

<バータイプ>

バーと呼ばれるパーツで連結されたインプラントに、専用の特殊金具を取り付けた入れ歯をクリップで留めるように装着します。

<ボールタイプ>

先端部分が丸いボール状になっているインプラントに、専用の特殊金具を取り付けた入れ歯をホックで留めるように装着します。

<磁石タイプ>

磁石を引き寄せる金属を取り付けたインプラントに、小型磁石を埋め込んだ総入れ歯を磁石の力で装着します。

ガタつきが少なく外れたりすることがありません
インプラント体に入れ歯がしっかりと固定されるため、総入れ歯に比べてガタつきも少なく、ずれたり外れたりすることがありません。またより強い噛み心地が得られます。
費用を抑えられます
使用するインプラントの本数が少ないため、費用を抑えることができます。

ボーンアンカード
ブリッジ

片顎に必要最小本数(4~6本)のインプラント体を埋入し、それを土台にしてフルブリッジにする方法です。

ボーンアンカードブリッジ
見た目も天然の歯に近くよく噛めます
インプラント体と人工歯をスクリューで固定するため、従来の取り外し式の総入れ歯に比べて違和感が少なく安定しています。見た目も天然の歯に近く、よく噛むことができます。
費用を抑えられます
使用するインプラントの本数が少ないため、費用を抑えることができます。
条件が整えば即時荷重を行えます
全身の健康状態や口腔内環境もよいこと、顎の骨が強くてしっかりとインプラント体を打ち込める状態にあることなど様々な条件が整えば、ボーンアンカードブリッジを即時荷重(インプラント埋入手術をした当日に仮歯を装着して噛むことができる方法)で行う場合もあります。(オール オン 6など)