骨が不足している方の治療法です。

骨造成法とは、あごの骨にインプラント体を埋め込むための十分な高さや幅が足りないときに、自身の骨や人工骨を移植して骨を造成し、必要な骨量を確保する治療法です。

骨造成法の開発により、これまで骨量の不足によりインプラント治療を諦めざるを得なかった方々もインプラント治療ができるようになりました。

上顎洞底挙上術

上顎の奥骨の高さを改善するための骨造成法です。上顎洞と呼ばれる鼻の横から奥に広がる空洞の底部に骨を移植します。骨の状態に応じて「サイナスリフト」と「ソケットリフト」の2つの方法があります。

<サイナスリフト>

上あごの骨の厚みが5mmより少ない場合に行います。上顎洞の側面から骨移植を行い上あごの骨を造成します。骨がしっかりできるまで3~6ヶ月待ちます。その後、インプラント体を埋め込みます。

<ソケットリフト>

上あごの骨の厚みが5mm以上ある場合に行います。歯槽頂上(歯を失った部分から)ドリルで穴を開け骨移植を行い上あごの骨を造成します。同時にインプラント体を埋め込みます。

骨移植はすべて河原町歯科医院で行えるのでしょうか?

はい、すべて当院で対応しています。

ただし、全身疾患をお持ちの患者様でそれ相応の設備のある病院での対応が必要など、ケースに応じて大学病院などをご紹介させていただく場合もあります。

骨再生誘導法(GBR)

骨の幅を改善するための骨造成法です。骨が不足している部分に骨補填材を充填し、特殊な薄い人工膜で覆って骨を再生させます。骨の不足量に応じて、インプラント体を埋め込む前に行う場合と、インプラント体を埋め込むと同時に行う場合があります。骨が再生するまで3~6ヶ月程かかります。

ボーングラフト
(ブロック骨移植)

骨が広範囲で不足してる場合に用いられる骨造成法です。骨が不足している部分に自身の骨や人工骨のブロックを移植し、周囲の隙間に細かく粉砕した移植骨または骨充填材を詰めます。移植骨のブロックは動かないようにチタン製のねじで固定します。あごの骨と移植骨が一体化するまで4~6ヶ月待ちます。その後、インプラント体を埋め込みます。

リッジ
エクスパンション

骨幅が狭い部分を拡大する方法です。あごの骨が薄くそのままではインプラント体を埋め込むことができない場合に、専用の器具(リッジエクスパンション)を用いて骨を上から2つに割って骨の幅を押し広げます。インプラント体の埋め込みができる位に押し広げてからインプラント体を埋め込みます。