人生の喜びを取り戻すための治療法。
インプラント治療は「食事をよく噛んで味わえる」「口元を気にせずに笑える」など、歯を失うことであきらめていた美や食の喜びを取り戻すことができます。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯周病や事故などで歯を失ってしまった場合に、その部分のあごの骨にチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋入し、これを土台に人工歯を装着する補綴(ほてつ)治療の一つです。

従来の治療法である入れ歯(義歯)やブリッジと比較して、周囲の歯に負担をかけることなく、より咀しゃく力や審美性に優れているのが特徴です。インプラントは“第2の永久歯”と言われるほど、その噛み心地や見た目など天然の歯に近い状態が得られます。

歯を失った時の治療法

インプラントの寿命はどのくらいですか?一生使えますか?

答えは「一生使える人も入れば、使えない人もいる」です。

現在、インプラントの10年後の残存率は90&〜95%と言われています。つまり、5〜10%のインプラントは10年間のうちに何らかの理由で撤去、もしくは勝手に抜けてしまっているということになります。

その原因として最も多いのが「インプラント歯周炎」です。「インプラント歯周炎」とは天然歯でいう「歯周病」と同じです。口腔内の細菌によりインプラント周囲の歯茎に炎症がおこり、さらに悪化するとインプラントを支える顎の骨にまで炎症が達し骨が溶けていきます。結果、インプラントがぐらついたり、抜け落ちたりするのです。インプラント歯周炎が自然に治る事はありません。適切な治療が必要です。歯石の除去、歯周ポケットの清掃、細菌の除去など。ひどい場合にはインプラントを撤去して再手術を行います。

インプラントも天然歯と全く同じ様に考えてください。天然歯が一生もつかというとそうではありませんね。虫歯や歯周病などで早くに歯を失ってしまう方もいますし、最後まで自分の歯が残っている方もいます。その方の口腔内の状況次第です。より長くインプラントをお使いいただくためには、毎日のセルフケアに加えて、口腔内のクリーニングやインプラント歯周炎のチェックなど歯科医院での定期メンテナンスが必ず必要です。

インプラントの構造

インプラントは「インプラント体(人工歯根)」「上部構造(人工歯)」「アバットメント(連結部分)」の3つの部分から構成されています。

インプラントの構造
チタン製インプラントについて

現在のインプラントはチタン製が主流になっています。チタンは生体親和性が極めて高く、骨と結合する(オッセオインテグレーション)という稀有な特徴を持っています。

インプラント体と骨が強固に結合し一体化して土台となり上部の人工歯を支えることで、天然歯と同じようなしっかりとした噛み心地を実現しています。

現在のチタン製インプラントが開発されて約50年、日本に入ってきて約30年になります。
河原町歯科医院では約25年インプラント治療に携わっており、安全で信頼性の高い治療法であることが実証されています。

手術の方法

インプラント治療には2回法と1回法という手術法があります。

<2回法>

歯茎を切開する手術を2回行います。1次手術でインプラント体をあごの骨を埋入れ後、歯茎縫合します。インプラント体とあごの骨がしっかりと結合するのを待ってから、2次手術で再度歯茎を切開しインプラント体の頭を露出させます。切開した歯茎の治癒後、アバットメント(インプラント体と人工歯との連結部分)を装着し人工歯を取り付けます。

2度の切開手術を行うため、1回法と比較して患者様の負担は大きいですが、歯茎を閉じてからあごの骨とインプラント体の治癒期間を待つため、感染のリスクが低くなります。

<1回法>

歯茎を切開する手術を1回のみ行います。インプラント体をあごの骨を埋入れ後、インプラント体の頭を歯茎から露出させておきます。インプラント体とあごの骨がしっかりと結合するのを待ってから、アバットメントを装着し人工歯を取り付けます。

切開手術は1度だけでよいので、2回法よりも患者さまの負担は軽いですが、歯茎を縫合せずにあごの骨とインプラント体の治癒期間を待つため、感染に気を付ける必要があります。また、あごの骨がしっかりとしている必要があります。

どちらの手術法で行うかについては、患者さまのご希望や、口腔内環境や健康状態に合わせて十分に検討の上決定いたします。

手術は失敗することありますか?

インプラント手術におけるあってはならない医療事故として「神経損傷」と「血管損傷」が挙げられます。これらは現在ではレントゲンやCT撮影事前診断によりを骨の形や神経・血管の位置などを正確に把握することによって防ぐことができますのでご安心ください。当院ではこのような医療事故はこれまでありません。

先の医療事故とは別に「インプラントが骨とくっつかない」という場合があります。実は、これは何の問題もなく普通にインプラントを埋め入れを行っても、統計的に3〜4%ほどの確率で発生します。原因としては、インプラントはチタンという生体親和性物質ではありますが、初めて体に入ってきた異物を体から排出しようとする体の防御反応が勝ってしまう場合や、ある一定の骨の質などの影響が考えられます。ただし、このような場合は一旦インプラントを撤去した後、中を洗浄して綺麗にし、再度埋め入れ手術を行います。ほとんど2回目の埋め入れでインプラントと骨がくっつきます。3回目は滅多にありません。

インプラント治療の
種類

  • 歯を1本失った場合

    前歯を1本失った場合

    ブリッジのように両側の健康な歯を削る必要がなく、天然の歯に近い見た目を再現できます。

  • 歯を複数本失った場合

    奥歯を失った場合

    入れ歯のように口の中の違和感がありません。少ない本数のインプラント体でブリッジにすることもできます。

  • 全ての歯を失った場合-1

    全ての歯を失った場合

    必要最小本数のインプラント体を土台にしてフルブリッジとします。自分の歯に近い噛み心地です。

  • 全ての歯を失った場合-2

    総入れ歯が安定しない場合

    2〜4本のインプラントを取り外し式の入れ歯の支えにします。入れ歯が外れたりガタつくことがなくなります。

河原町歯科医院では、より正確で安全な治療を行うため、また患者様のご負担を少なくするために、最先端のインプラント技術に積極的に取り組んでいます。