インプラント治療について

無料初診相談について

費用について

インプラント治療について

インプラント治療は誰でも受けられますか?

基本的に健康な方であれば、どなたでも治療を受けていただくことが可能です。

ただし、インプラント体を埋め入れる部分のあごの骨が不足している方は、骨造成法による増骨処置を行う必要があります。また、高血圧や心疾患、糖尿病、骨粗しょう症、肝機や腎臓の機能障害などの全身疾患をお持ちの方は、注意が必要です。

患者様の全身状態や服薬状態については、無料初診相談時の問診にて詳しくお伺いします。事前に情報を整理いただきできるだけ正確にお答えいただけるようお願いいたします。

無料初診相談事前チェックシート

歯が1本もないのですが、インプラント治療はできますか?

はい、可能です。全く歯がない場合のインプラント治療法として、ボーンアンカードブリッジやオーバーデンチャーという方法があります。

ご使用中の総入れ歯が合わなくなった、違和感がある、安定性が悪いなどでお困りの方に、それに代わる選択肢として選ばれています。いずれも少ないインプラントの本数が少ないので、費用を抑えることができます。

歯が全くない場合のインプラント

1本だけ歯が抜けた場合、インプラントを利用できますか?

はい、インプラントで治療できます。

1本だけ歯を失ってしまった場合の治療法として、インプラントのほか、入れ歯、ブリッジがあります。ただし、入れ歯やブリッジは抜けた歯以外の残った歯に負担がかかるというデメリットや、歯が抜けた部分の骨が痩せていくという影響があります。

現在は残った歯や歯肉、骨に負担や悪影響を与えないという観点から、「インプラント適応症例の場合は、インプラント治療が第一の選択肢である」というコンセンサスが得られています

インプラントの寿命はどのくらいですか?一生使えますか?

一生使える人も入れば、使えない人もいます。

現在、インプラントの10年後の残存率は90&〜95%と言われています。つまり、5〜10%のインプラントは10年間のうちに何らかの理由で撤去、もしくは勝手に抜けてしまっているということになります。その原因として最も多いのが「インプラント歯周炎」です。「インプラント歯周炎」とは天然歯でいう「歯周病」と同じで、口腔内の細菌によりインプラント周囲の歯茎に炎症がおこり、さらに悪化するとインプラントを支える顎の骨にまで炎症が達し骨が溶けていきます。結果、インプラントがぐらついたり、抜け落ちたりします。インプラント歯周炎が自然に治る事はありませんので、適切な治療が必要です。歯石の除去、歯周ポケットの清掃、細菌の除去など。ひどい場合にはインプラントを撤去して再手術を行います。

インプラントも天然歯と全く同じ様に考えてください。天然歯を虫歯や歯周病などで早くに歯を失ってしまう方もいますし、最後まで自分の歯が残っている方もいます。その方の口腔内の状況次第です。

より長くインプラントをお使いいただくためにはきちんとメンテナンスをすることが重要で、当院でも10年、20年以上問題なく経過している方がたくさんおられます。

メンテナンス・保証期間

インプラント手術は怖くないですか?

1~2本の簡単なインプラント手術は30分〜1時間で終了します。(骨造成などを同時に行う場合は、それ以上かかる場合があります。)痛みはほとんどありません。

豊富な実績と確かな技術を持つ専門医が治療にあたります。安心してお任せください。また、不安になことや疑問に感じられることがございましたら、小さなことでも構いませんのでドクターやスタッフにお伝えください。

手術は失敗することありますか?

インプラント手術におけるあってはならない医療事故として「神経損傷」と「血管損傷」が挙げられます。これらは現在ではレントゲンやCT撮影事前診断によりを骨の形や神経・血管の位置などを正確に把握することによって防ぐことができますのでご安心ください。当院ではこのような医療事故はこれまでありません。

先の医療事故とは別に「インプラントが骨とくっつかない」という場合があります。実は、これは何の問題もなく普通にインプラントを埋め入れを行っても、統計的に3〜4%ほどの確率で発生します。原因としては、インプラントはチタンという生体親和性物質ではありますが、初めて体に入ってきた異物を体から排出しようとする体の防御反応が勝ってしまう場合や、ある一定の骨の質などの影響が考えられます。ただし、このような場合は一旦インプラントを撤去した後、中を洗浄して綺麗にし、再度埋め入れ手術を行います。ほとんど2回目の埋め入れでインプラントと骨がくっつきます。3回目は滅多にありません。

骨移植はすべて院内で行えるのでしょうか?

はい、すべて当院で対応しています。

ただし、全身疾患をお持ちの患者様でそれ相応の設備のある病院での対応が必要など、ケースに応じて大学病院などをご紹介させていただく場合もあります。

治療前の精密検査ではどんな事を行うのですか?

口腔内検査(虫歯や歯周病の有無、咬み合わせ、顎の状態など)、レントゲン撮影、CT撮影、口腔内写真撮影、顔貌写真撮影、歯の型取りを行います。また、血液検査や血圧測定など、全身の健康状態についても検査します。

精密検査でCT撮影を行いますか?

はい、当院でインプラント治療を行われる方には必ずCT撮影を行います。より安全で正確なインプラント治療を行うために、最新の歯科用3次元CT装置よる詳細な事前診断を行っております。

治療後のメンテナンスは必要ですか?

はい、必要です。インプラント治療後は、口腔内の健康を維持しインプラントを長持ちさせるために、担当医の指示に従って定期メンテナンスを受けていただきます。定期メンテナンスでは、クリーニング、インプラント周囲炎のチェック、咬み合わせの調整などを行います。

メンテナンス・保証期間

無料初診相談について

無料初診相談ではどんな事を行うのですか?

まずは、患者様のお悩みや全身の健康状態、インプラント治療に対するご希望などをうかがいます。その後、担当医による診察およびレントゲン撮影を行います。その結果から現在の歯の状況や問題点を判断し、予測される治療方針、期間、費用、リスクなどをご説明します。

無料初診相談について

無料初診相談を受けたら契約をしなければいけないのでしょうか?

その場で治療を始めるかどうかを決定いただく必要はありません。納得いくまでしっかりご検討ください。後日、不明点や質問などが出てこられた場合も、ご遠慮なくお問い合わせください。

費用について

インプラント治療の費用総額はいくらくらいになりますか?

河原町歯科医院における1本あたりの治療費の目安は、約350,000~450,000円/本です。お選びいただく上部構造(人工歯)の種類により費用が異なります。無料初診相談時に治療完了までのお見積書をご提示いたします。

インプラント治療の基本費用

また、インプラント治療完了後は定期メンテナンス(3~6ヵ月毎)が必要となります。この定期メンテナンスにおける費用については、インプラント部分については無料で行っております。天然歯部分は保険診療の適用(3,000円前後)となります。

治療後のメンテナンス費用

インプラント治療は保険診療が適用されますか?

通常のインプラント治療には健康保険が適用されません。全て患者様ご負担の自費診療となります。

費用は分割で支払えますか?

はい、可能です。セディナ(cedyna)クレジットによる分割払い(最長84回まで)を利用いただけます。なお24回まで当院が金利負担します。また、院内無金利分割払い(3回払い)もご利用いただけます。

支払いにクレジットカードを利用できますか?

はい、可能です。VISA、JCB、アメリカン・エキスプレス、Master Card、ダイナース、DCのカードをご利用いただけます。

費用は医療費控除の対象になりますか?

インプラント治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。詳しくはスタッフにお尋ねください。